Okawari

芸能、エンタメ、スポーツ、ITなどのニュースがいっぱい

Jリーグ過去23年間のクラブランキング!得点数や勝利数の1位は?

f:id:fluuche:20160214031736j:plain

2月13日放送の「FOOT×BRAINフットブレイン」(テレビ東京)では、Jリーグが始まってから過去23年間における、さまざまな項目でのクラブランキングが発表されていました。
例えば、23年間のクラブ総得点数や、勝利数などのランキングですね。

ちなみに、ブラジルメディアがJリーグのクラブを格付けしたランキングでは、
1位鹿島、2位ガンバ、3位ジュビロだったそう。

タイトル獲得数など23年間の総合の成績で付けた順位みたいなので、やっぱりこの3チームは実績がすごいクラブですし納得という感じです。

以下、番組で紹介されていた各ランキングです↓

スポンサーリンク
 

Jリーグ23年間で最もゴール数が多いクラブは…

この23年間でチームとして最も多くゴールを決めたクラブ。
1位は、合計1431ゴールでガンバ大阪

ガンバはJ2に降格したときも得点数ではJ1トップだったように、攻撃重視のチームですし納得の結果ですね。
ここ数年は堅守からのカウンターで僅差で勝つ試合も多い気がしますが、今シーズンは、マリノスからアデミウソンも加入したので、宇佐美やパトリックらとのコンビはかなり強烈な攻撃になりそうです。

勝利数ランキング1位のクラブは…

23年間で最も勝利数が多いクラブは、
2位以下に圧倒的な差をつけた1位は、782試合中434勝で、鹿島アントラーズでした。
そして、勝利数がトップなので当然ですが、勝率1位も鹿島アントラーズで、55.5%

やっぱり、3連覇を達成した頃の黄金期もありましたし、ほぼ毎年変わらず安定して強いのが大きいですよね。
ただ最近はタイトルが獲れていないので、今シーズンは完全に優勝を狙ってくると思います。
金崎も完全移籍が決まりましたし、柴崎を中心に若手選手がさらに活躍するシーズンになりそうです。

スポンサーリンク
 

Jリーグ最速記録ゴールを決めたのは…

Jリーグ23年間の中で、試合開始のキックオフから最短で決まったゴールは、
2014年3月22日に松本山雅の岩上祐三選手が決めたゴールで、なんと7秒
広島の佐藤寿人選手は、8秒の記録を残していましたが惜しくも2位。

最も監督交代数が多かったのは…

クラブにとっては良い記録ではないのですが、
過去の監督交代数が多かったクラブランキング。
1位は、東京ヴェルディで23回でした。ヴェルディは、松木、ラモス、柱谷、と有名どころも監督を務めていたこともありましたね。

今年は、J1初挑戦となるジュビロの名波監督や、名古屋の小倉監督など、新しい若い監督がいるのも注目ポイントの一つだと思います。
たとえ悪い結果が出ても、すぐに解任・交代とはせずに、なるべく長い目で見てほしい気持ちはありますね。

ちなみに、監督の最長就任記録は、ガンバ大阪を率いていた西野明監督で10年だそうです。
監督交代が多いサッカーで10年ってなかなかの長い期間ですよね。
タイトルも多く獲得した監督ですし、Jリーグを代表する名監督のひとりといえそうです。


以上、今シーズン、これらの記録を更新するシーンが見られるかも、Jリーグの見どころのひとつになると思います。
開幕は2月27日(土)です!

okawari.hatenablog.jp

okawari.hatenablog.jp

スポンサーリンク