読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Okawari

芸能、エンタメ、スポーツ、ITなどのニュースがいっぱい

有吉ジャポンの成り上がりドキュメント後編 井戸社長1次面接の合格者が決定!

f:id:fluuche:20160130012357j:plain

 

先週に続いて今週1/29放送の「有吉ジャポン」も、井戸実社長による、下流社会の若者たちの成り上がりドキュメント企画。

先週に2名合格者が出ましたが、その後さらに井戸社長の独特すぎる面接が続いていきました。

*前回を見ていない人はこちらから↓

okawari.hatenablog.jp 

 

 

 

2人が脱落し、1次面接の合格者が決定

今回の面接でまず最初に話を聞かれたのは35歳の男性。無職で貯金は10万円。これまで、いろんな仕事を転々としてきたという。そして今回、また新しい夢を追い努力するために来たと。
すると、井戸社長は「いるよねそういう人。でも諦めるレベルの夢なんて、夢じゃないんです。ただの願望です。」と告げる。

そして「いくら稼げる自分を想像してるの?」と聞くと、「年収600万円ぐらい」と答える男性。
「それだけ?しょーもない。そんなのちょっと頑張ったら稼げるじゃん」という井戸社長。

 

そして2人目に話を聞いたのは、24歳の新宿2丁目のバーでアルバイトをする男性。

将来特になりたいこともなく、もやっとしているので、何かきっかけを探しに今回来たと話すと、井戸社長は「そんな夢探しに大事な3000万円を使うんじゃないんだよ。申し訳ないけどここで退出してください」と告げる。

 

その後、おなか減ったから昼ご飯行こうと言い、井戸社長と6人が近くにある「ぬくぬく家」という井戸社長のグループの飲食店へ。
ビールを飲み、笑顔で話をしたり、大道芸人の人がまた歌を歌ったりして、和やかな雰囲気でしばらく1時間ほど過ごす一同。

すると突然、まじめな表情で「というわけで、実はこれは2次面接でした。」と話しはじめる井戸社長。

 

そして、面接で最初に話していた35歳の男性に、「残念だけどここでアウトです」と告げる。
理由は、みんなで飲み食いをしているとき、「気付く」ことが全然なかったからだという。
飲食店は、お客さんを見て気づいてサービスをする必要があるけど、周りへの気づかいとかそういうのがまったく見えなかったと。

 

そしてこの男性以外の5人と、前回早々に合格した1名の合計6人は、次のステージへ進むことに。

今回のプロジェクトは、最終的に1名に絞られるようですが(場合によっては合格者0になることも)、今回の合格者たちは、次は飲食店に入って研修を行っていくようです。

予告では、そのお店の店長?らしき人に怒られまくっている参加者たち…。
これはまだまだ続編が楽しみすぎます!

 

 

 ちなみに、いまは井戸社長のプロジェクトをやっていますが、今後、井戸社長と同じく参加している、LD&K代表の大谷秀政さん、無鉄砲グループ代表の赤迫重之さんの企画もやっていく予定とのこと。

この井戸社長の面接の様子を見ていた二人の社長もふだん面接することはあるけど、2人はもっとゆるい感じの面接らしいです。
大谷さんはいっしょに旅行でも行ったら楽しそうだなと思える人、そして赤迫さんは来るもの拒まずだとのこと。

 

ただ、まだ2人の社長の企画がどうなるか分かりませんが、番組としてはやっぱり井戸さんがやってるのが抜群に面白そうですよね。
ネットでよく炎上していたこともあったように、井戸さんは視聴者が食いつくポイントというか、テレビでの面白さとかもすごいよく分かってやっている感じがします。

来週もまたこの企画の放送なのか分かりませんが、ちょっと「有吉ジャポン」はしばらくはこの企画やってほしいですね。

 *続編が放送されました!候補生たちが研修へ↓

okawari.hatenablog.jp