Okawari

芸能、エンタメ、スポーツ、ITなどのニュースがいっぱい

【動画】四足走行の100mギネス世界記録をいとうけんいちが更新!五輪にも出場できる?

f:id:fluuche:20160209114533p:plain

画像:いとうけんいちの四足歩行ブログ

四足走行で以前有名になった、いとうけんいちさんが、2015年11月に行われた四足走行100m走で15.71秒を記録し、ギネス世界記録を更新したそうです。
2014年11月に行われた大会では2位となってしまい、ギネス記録の座を奪われていたものの、今回また世界一の称号を取り返した形に。

*2013年時のギネス記録の動画ですが、いとうさんの四足走行の様子です↓

www.youtube.com

スポンサーリンク
 

四足走行をはじめたきっかけ

いとうさんは、もともとお笑い芸人をしていたそうですが、オリジナルの武器がほしいと考え、アメリカへ留学。そこでもなかなかピンとくるものがなかったころ、動物園で速く走るサルを見て、なぜか四足走行のギネス記録を作ろうという目標を持ったそう。

それから日本に帰国し、毎日四足走行のトレーニングを始めたとのこと。練習は毎日6時間にも及ぶそうです。

当然、四足走行のトレーニングなんてやっていると周りから怪しまれてしまい、近所の小学生の間で、四足で走る男がいるという話が都市伝説のように広まっていったり、しょっちゅう職務質問をされたり、人目をさけて山の中でトレーニングしたときは猟師に撃たれそうになったこともあったのだとか。笑

そして、トレーニングを開始してから約5年、2008年9月に、四足走行の100m最速というギネス世界記録を樹立。そのときの記録は18秒58。

それ以降、いろんなところで注目されるようになり、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」の「犬部」という四足走行をやってみようという企画に登場したりもしていました。

スポンサーリンク
 

四足走行は五輪や公式陸上大会に出られる?

いとうさん本人は、この四足走行で2020年の東京オリンピックで100m走に出場することを目標にしているとのこと。毎年1秒ぐらいずつ記録が縮まってきているので、2020年には10秒台ぐらいで走れるんじゃないかと考えているようです。

正直、難しいような気はするんですが、たしかに四足走行の動物のほうが人間よりスピードは速いので、可能性としてはありえるのかもしれません。

ただ、そもそも四足走行でオリンピックや陸上の公式な大会に出場できるのか?というのがあると思いますが、陸上競技連盟としては、「ルール上、良いとも言えないが、悪いとも言えない。議論の必要がある」とコメントしているようです。
いとうさんは、通常の陸上100mでも転んで手をついてもルール上反則にはならないので、四足走行は問題ないはずだと考えているそう。

たしかに、他の選手と見た目はだいぶ変わってしまいますが、単純に考えると、100mの距離を人間が体ひとつでいかに速く移動できるかという競技なので、独特な走行フォームのひとつと考えれば問題なさそうな気はします。他の選手がマネしても速くは走れないはずなので、ずるいとかいうことでもないですし。
というか、そもそもいとうさんは普通に走ったら100mの記録がどれくらいなのかも気になりますね。

もしかしたら、人間がいちばん速く走る方法は四足走行だった、ということになればかなり画期的なことですし、いとうさんの目標は夢がありますね。
今後の記録にも注目していきたいです。

スポンサーリンク