Okawari

芸能、エンタメ、スポーツ、ITなどのニュースがいっぱい

原作ファンが実写映画「キングダム」を観た感想!面白い・面白くないは評判が分かれる?

2019年4月19日に公開となった実写映画「キングダム」

もともとマンガ版のキングダムがめちゃくちゃ好きだったこともあり、さっそく公開日当日に観に行ってきました。

その感想を紹介していきます。

映画キングダムチケット

 

マンガの実写化って、好きな作品であればあるほど残念に感じることが多い気がするけど、今回のキングダムは、結果から言うと個人的にはアタリでした。

想像以上に良かったかというとそこまで驚くほどではなかったけど、でも実写映画ってハードルが低いこともあってか十分良いと思った。原作ファンであっても楽しめる・納得できる出来になっていたと感じます。

期待を裏切られることが多い実写映画モノでいうとかなり完成度は高いと思います。

 

*ちなみに、映画を見る前に先にざっくりマンガ読んで登場人物とか知っておきたいっていう人は、電子コミックが1ヶ月無料で読める「U-NEXT」がおすすめです↓

>>キングダムのコミックも読める!31日間無料体験「U-NEXT」はこちら

 

スポンサーリンク
?

 

実写映画「キングダム」のキャスト(登場人物)/主題歌/ストーリー

まずはざっくりこの映画の概要についてです。

映画キングダムキャスト

登場人物・キャスト

  • 信(しん):山崎賢人
  • 嬴政(えいせい):吉沢亮
  • 楊端和(ようたんわ):長澤まさみ
  • 河了貂(かりょうてん):橋本環奈
  • 成蟜(せいきょう):本郷奏多
  • 王騎(おうき):大沢たかお
  • 騰(とう):要潤
  • 壁(へき):満島真之介
  • 昌文君(しょうぶんくん):高嶋政宏
  • バジオウ:阿部進之介

参照:映画キングダム公式サイト

 

全体的に見た目はみんなハマリ役な感じ。原作のファン目線で見ても、特に違和感ある人はいないですね。

実際に映画を見た上でいうと、大沢たかおの王騎は最初ちょっと笑ってしまう感じはあったけど、徐々に違和感なくなってきて、最後は本当にマンガの王騎と同じような風格を感じる存在感でした。

ほかは、中にはちょっと無理を感じるようなキャラクターもいたけど、それはまた後ほど。

 

主題歌はONE OK ROCKの「Wasted Nights」

主題歌は、この映画のために書き下ろされたONE OK ROCKの「Wasted Nights」。
実際に映画を見た上でつくった楽曲だそうです。

www.youtube.com

映画の中では、エンディングでだけでかかってましたが、雰囲気にも合ってたと思います。

 

ストーリーはコミック序盤の王弟反乱編

映画の内容としては、マンガを読んでいる人ならすぐピンとくると思いますが、信と政が出会い、王宮に戻って戦うところまでの話。
コミック版でいう1~5巻ぐらいのストーリーですね。

たしかにキングダムの中でも、切り取って映画にしやすいところなのかなと思います。

個人的にはキングダムに思い切りハマったのはこの後からで、たとえば特に「合従軍編」がいちばん好きで読んでて止まらなかったけど、あれを映像化するのはかなり難易度高いと思うので。

ちなみに、原作者の原さんもこの映画の脚本会議に参加していたそう。
出来上がった映画には、本人もかなり満足していて涙を流していたほどだったそうです。

スポンサーリンク
?

 

映画版キングダムの感想

◎良かったところ

ロケ地は中国。リアルなキングダムの舞台

この映画は実際に中国でロケを行い、総製作費10億円超とかなりお金もかけていたようで、それだけにリアルなキングダムの世界が再現されていたと思います。

特に数万人のエキストラを使ったという兵士がずらーっと並ぶシーンや、広い王宮での戦闘シーンなんかはかなり迫力あります。

心配してた安っぽさみたいなのは無かったですね。

戦闘シーンもナチュラル

個人的にキングダムで一番好きなのが、迫力のある合戦シーン。
たぶん当時、実際には大将同士の分かりやすい一騎打ちとかはなかったんだろうし、そこまで個々の戦力差も無かったんだろうと思うけど、そこは漫画ならではのシーンとして、バトル漫画としての面白さがあります。

それが実写映画でどこまで再現できるのか、というのが個人的に心配していたところでした。

ただ、思っていた以上にその戦闘シーンのアクションが良かった。

もちろん吹っ飛びすぎてたり誇張されてるところもあるけど、スピーディーな動きで戦闘が多少長くなっても全然見てられる感じです。

山の民のバジオウさんとかの強さもちゃんと再現されてるし、王騎将軍の矛の一振りで大勢の兵士を吹っ飛ばすところとかもかっこよかった。

クオリティ高いキャラクターと演技

特に、信(山崎賢人)、政(吉沢亮)、昌文君(高嶋政宏)、王騎(大沢たかお)あたりはクオリティ高いと思いました。

信はちょっと叫びすぎててうるさく感じるかもしれないけど、実際そういうキャラクターですしね。

王騎なんて相当難しい役だと思うけど、最後あたりはほぼ違和感なかったし、あのマンガの「ンフッ」という笑い方もかなり自然に再現されてた。

中でも個人的には政役の吉沢亮さんがいちばん良かったですね。漂と政の2役で難しかったと思うけど、かなりマッチしてたと思う。表情や話し方なんかは、もうまさしく政という感じだった。

 

スポンサーリンク
?

 

▲ちょっと微妙なところ

ストーリーが原作に忠実すぎる

原作の実写化なのでそれの何が悪いねんっていうのもありますが、ストーリーは原作にかなり忠実。というか基本そのままです。

個人的にはそれがちょっとマイナスポイントというか、特に驚きなく予想通りに始まって予想通りに終わったという印象がありました。

もちろんストーリーの大きな流れを変える必要はないんですが、原作ファンにとってもサプライズというか、なんかひと工夫があればもっと印象に残る映画になったのかなと。

実写化映画としては悪くないどころかむしろアタリに入るし完成度高いと思うけど、とはいえ想像の範疇は超えてこなかった、という感じです。

何人かのキャラから感じるB級感

難しい作品だとは思うけど、キャラ的にちょっと無理がありそうな人や、他の役者さんに比べて演技が微妙に感じる人も何人かいました。

たとえば主要なところで言うと、個人的には成蟜(せいきょう)は微妙でしたね。そういう役といえばそういう役なんですが、ちょっとセリフの言い方が安っぽい感じがしたというか。

あとは長澤まさみの楊端和(ようたんわ)も、最初のぱっと見は全然合ってると思ったけど、戦闘シーンになって動き出したときはちょっと無理がある気がした。
その身体とその動きで強いはずがないやろっていう感じがします。

あとはランカイっていう怪物みたいなやつがいるんですが、これはどうなんでしょう。まあ他にやりようがないのかもしれないけど、メイクとかちょっとB級映画感が出てしまったかなと思います。

 

まとめ

原作ファンであってもそうでなくても、十分楽しめる映画だと思います。
たぶん読んでいないと分かりづらいっていうシーンとかも特にないと思います。

でも個人的にはもうひとつ何かサプライズ的なものがあってほしかったので、どちらかというと原作ファン的には「許容範囲だけど少し物足りなさは感じる」っていう作品なのかも。まあ実写化映画って大体そういうもんですかね。そこの評価は人によってちょっと別れるかもしれません。

でも映画館でまわりの反応を聞いていると「原作に忠実でよかった」という声もあり満足度は高そうだったので、気になってる人はぜひ行ってみてください。

▼映画「キングダム」プロモーション映像

www.youtube.com

>>キングダムのコミックも読める!31日間無料体験「U-NEXT」はこちら

 

スポンサーリンク
?