読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Okawari

芸能、エンタメ、スポーツ、ITなどのニュースがいっぱい

人気の「水沢ダウン」の特徴って?種類や値段は?店舗・通販など購入場所も 【画像】

f:id:fluuche:20160118145116j:plain

画像:デサント

 

かなりの暖冬といわれていた今シーズンですが、ようやく気温も下がってきて、いよいよ真冬の寒さがやってきそうです。

 

そんな冬の寒さをしのぐのに、ダウンジャケットを着る人は多いんじゃないでしょうか。

ダウンジャケットはそんなに安い買い物ではないと思うので、どこのダウンにするか、わりとこだわって選ぶ人も多いと思います。

 

そんなダウンの中で最近人気になっているのが「水沢ダウン」。やはりそれなりの金額はするものの、寒さ対策に最強のダウン、ということで購入する人が増えているようですね。

 

そんな水沢ダウンの特徴・機能や種類、購入できる場所などについてまとめてみました。

 

 

 

水沢ダウンの特徴・機能は?

 そもそもこの水沢ダウンは、2010年のバンクーバーオリンピックの日本代表公式ウェアとして、スポーツメーカーのデサントによって作られたもの。

カナダでかなり寒い、ということで防寒性を重視して作られたダウンだったんですね。

 

この水沢ダウンの特徴としては、防寒性はもちろんのこと、防水機能もあること。
ダウンジャケットで防水機能が付いているものって、実はあまり他にないようです。

 

多くのダウンジャケットは糸で縫われているようですが、水沢ダウンはレーザー圧着しているため、糸の縫い目・針穴から水が入るということがないそうです。

ファスナーの部分も止水テープが使われていて、雨や雪が入らないようになっているとのこと。

 

この作り方は、かなり技術も必要で、手作業で行われているようです。

ちなみに、この水沢ダウンが作られているデサントの水沢工場は、消防士のための消防服も扱っているようです。その技術が水沢ダウンにも生かされているんですね。

 

また、素材の特殊プリント層は、ほぼ全波長の光を熱に変える蓄熱保温機能を持っていて、常に暖かさをキープできるそうです。

 

 

 

水沢ダウンの種類は?スタイリッシュなデザインも人気

 ダウンジャケットは、やっぱりどうしてもボリューム感が出てしまうので、見た目があまり好きじゃないという人もいるかもしれませんが、水沢ダウンの場合は、スポーツメーカーが作ったということもあるのか、着ぶくれせずスタイリッシュな見た目のダウンだと思います。

 

デサントが、「スポーツ本来の「体を動かす楽しさ」と「競い合う楽しさ」を提供する」ことをコンセプトにしているように、このダウンも動きやすさやスムーズさ、見た目のスタイリッシュさにもこだわって作られているようです。

 

水沢ダウンの種類には、

●ベーシックモデルの「水沢ダウン アンカー」
●軽量モデルの「水沢ダウン シャトル」
●ハイスペックモデルの「水沢ダウン マウンテニア」
●取り外し可能なファーを備えたミドル丈モデル「水沢ダウン バーティカル」
●表地にコットン素材を使った「水沢ダウン フュージョン」
●女性向けのロング丈の「水沢ダウン イリューム」

などがあるようです。

 

特に、「2014年度グッドデザイン賞ベスト100」も受賞した、「水沢ダウンジャケット シャトル」は、見た目もスマートで個人的には好きですね。

f:id:fluuche:20160118145246j:plain

水沢ダウン アンカー

f:id:fluuche:20160118145307j:plain


水沢ダウン シャトル

 

水沢ダウンの金額や購入場所は?店舗・ネット通販

 水沢ダウンの値段は、約8万円~となっているようです。

やっぱりそれなりの金額はしますが、ダウンジャケットはそんなにしょっちゅう買うようなものでもないと思うので、これを1着持っておけばかなり使えるんじゃないかと思います。

 

購入は、店舗であれば渋谷にあるデサントショップ東京、
ネット通販の場合は、デサントの公式オンラインショップや楽天市場などで購入ができます↓

DESCENTE(デサント) | デサントオンラインショップ - DESCENTE OnlineShop

 

以上、高い防寒・防水機能を持つ人気のダウンジャケット「水沢ダウン」についてでした。
最近は、ナノユニバースから出ている西川ダウンも良いですが、この「水沢ダウン」も気になりますね。