Okawari

芸能、エンタメ、スポーツ、ITなどのニュースがいっぱい

キングダム最新51巻のあらすじネタバレ・感想!食糧不足で劣勢になる秦軍…

7月19日に発売したキングダムの最新51巻を読んだので、あらすじ・ネタバレや感想をまとめていきます。

キングダム 51 (ヤングジャンプコミックス)

キングダム 51 (ヤングジャンプコミックス)

 

 

今回も引き続き、秦と趙の戦い。人数的に不利な中、王賁や蒙恬あたりの活躍によって有利に進めている状況の秦。

そしてついに信たちも尭雲(ぎょううん)の軍との対決が始まります。

 

*U-NEXTではキングダムのアニメやコミックが見られます。31日間は無料で利用可能

>>U-NEXTでアニメ「キングダム」を見る

 


スポンサーリンク
?

 

キングダム51巻のあらすじ・ネタバレ

▼尭雲(ぎょううん)との一騎討ちを続ける信。

f:id:fluuche:20180724115145j:plain

一方、信が離れた飛信隊は羌瘣(きょうかい)が引っ張る。

f:id:fluuche:20180724115215j:plain

人数で押され劣勢の中、自らが先頭に立つエリアに敵を流しこむ作戦を立て、敵を待ち構える。そして大勢の敵を切りまくる羌瘣。

f:id:fluuche:20180724115239j:plain

 

▼日も暮れて来た頃、信と尭雲の戦いはまだ続いていた。尭雲に押されボロボロになりながらも粘る信。

そろそろこの日の戦いは終わりに近づき、尭雲は信との闘いからいちど離れ、自軍が攻めていた飛信隊のほうを見に行く。

すると、そこには羌瘣が立ち尽くしていた。あたりには無数の尭雲軍の兵たちが転がっていた。

f:id:fluuche:20180724115336j:plain

こうして朱海平原の3日目の戦いは終わる。

 

▼尭雲にとって、信や羌瘣の力は予想以上で誤算だった。

そして傷だらけになった信と羌瘣は、この戦いの勝敗は自分たちにかかっていると話した。

f:id:fluuche:20180724115408j:plain

一方、李牧たちは、多くの難民を抱えた城・鄴(ぎょう)の食料があとどれくらい持つかについて話していた。
見込みによると趙軍は20日。そして、秦軍のほうは10日しか持たないとのことだった。

 

▼壁のミスから舜水樹(しゅんすいじゅ)に倉庫を焼かれ、食料が半分ほどになってしまった楊端和(ようたんわ)軍。

もう時間をかけられないと考えた楊端和は、リーダーたちを集めて残り3日で敵をつぶして食料を奪い取ると告げる。そのために翌日、犬獣王の血族といわれる三将を倒すと。

f:id:fluuche:20180724115508j:plain

責任を感じていた壁は、「その三軍の一角をお任せいただきたい!」と手を挙げる。

周りは壁に対して文句を言うが、楊端和は「もう失敗は許されぬぞ」とニコッと笑った。

f:id:fluuche:20180724115443j:plain

 

▼しかし翌日、三将を狙ってくる作戦を読んでいた舜水樹は、三将の軍の人数を大きく増やした。

それでもひるまず戦う壁軍。弓兵で攻撃し、それを抜けてきた相手には盾兵を当てるなど基本戦術を使い押し始める。

 

▼一方、鄴(ぎょう)の城を囲む桓騎(かんき)たちは、趙軍の動きがなくなったことから、自分たちのほうが食料が少ない状況を悟った。

桓騎は「食料が残り1日になったら退散する」と部下と約束した。

f:id:fluuche:20180724115544j:plain

 

▼朱海平原でも、食料の優位性から趙の動きが少なくなる。ここでも秦軍は、一気に状況を変えるため相手の将を狙うことに。

そしてまずは飛信隊と玉鳳隊で、相手の4将のうち最も力が劣るとみられる岳嬰(がくえい)を狙うことに。

岳嬰は、慶舎(けいしゃ)の片腕だったため、慶舎を斬った信に大きな恨みを持っていた。

f:id:fluuche:20180724115608j:plain

 

▼そして、飛信隊・玉鳳隊と岳嬰軍が対峙し、相手の残り三軍の攻撃を亜光軍が守る形になる。

王翦(おうせん)の片腕でもある亜光(あこう)は、堅い防陣を築き三軍の攻撃に対しても崩されない。

f:id:fluuche:20180724115700j:plain

しかし、李牧から弱点を伝えられていた相手の将のひとり、馬南慈(ばなんじ)はその防陣をあっさりとかいくぐっていった。

亜光はすかさず陣形を変えるが、そこに尭雲も入ってきて止められなくなる。

f:id:fluuche:20180724115744j:plain

いちど撤退も考えるものの、信隊・玉鳳隊の動きを考えると下がるわけにはいかない。

そして亜光が直接、馬南慈を討ちにいこうとする。その間、亜光軍の副官である虞寧(ぐねい)が尭雲を足止めすることに。

しかし、尭雲の強さは圧倒的で、一瞬で蹴散らされる虞寧。

そして馬南慈と互角の戦いをしていた亜光に尭雲の刃が向く。

f:id:fluuche:20180724115815j:plain

一方、お互いの軍が激しくぶつかり合っていた岳嬰と信もついに対面した。戦いに向けて集中する信。

f:id:fluuche:20180724115838j:plain

 


スポンサーリンク
?

 

51巻を読んだ感想

とりあえず壁の失態も手伝って圧倒的に食糧不足の秦軍。
いずれの場所でも一気に勝負を掛け始めたので、次の52巻で大きく動きそう。

まあ最終的な結果は史実からある程度分かるものの、現状は秦軍がかなり不利な状況になってます。

ここからどうやって巻き返すのか、誰がどの将軍を倒すのかあたりが次の注目。
信はもちろん、王賁や楊端和、蒙恬あたりの一騎打ちも見られると面白そうです。

あとは、昌平君が「王翦がこんなイチかバチかみたいな作戦立てるだろうか…?」的なことを言ってたので、実は王翦が一気に状況をひっくり返すような別の作戦を立てている可能性もありそうです。特に今回は王翦は存在感なかったというかほとんど出てこなかったので、そろそろ何か驚くようなことをしてくるはず。

 

その他、感じたこと。

  • 羌瘣は集団相手にすると最強説。無双系ゲームなら一番使える感じの技。
  • 尭雲さん強すぎ。信が完全に押されてた。
  • 壁はいじめられすぎ。
  • 楊端和さん優しすぎ、そして美人すぎ。

 

*U-NEXTではキングダムのアニメやコミックが見られます。31日間は無料で利用可能

>>U-NEXTでアニメ「キングダム」を見る