Okawari

芸能、エンタメ、スポーツ、ITなどのニュースがいっぱい

佐藤流司の本名やwiki風プロフィール!カノバレで炎上?ドラマ・映画での演技は?

f:id:fluuche:20170520222911j:plain

イケメン若手俳優の佐藤流司さん。

これまでは舞台を中心に活動してきていたものの、デビューが仮面ライダーだったこともあり、いわゆる爽やか系のイケメンで女性ファンも多い俳優です。

さらに2017年はテレビドラマや映画への出演も決まっていて、さらに見る機会が増えてきそうなので注目です。

そんな佐藤流司さんのプロフィールや経歴、過去のちょっとした女性関係の炎上?などについてもあわせてまとめてみました。

 


スポンサーリンク
?

 

プロフィール・デビューのきっかけは?

名前:佐藤流司(さとうりゅうじ)
生年月日:1995年1月17日
出身:宮城県
所属:劇団ひまわり
身長:172cm
体重:57kg
血液型:B型
特技:空手・ドラムダンス・アクロバット殺陣・歌・トランポリン

佐藤流司というのは、本名なんでしょうか?調べたところ正確な情報は出てこなかったのですが、りゅうじという読みはともかく、流司という字はちょっと珍しいですよね。

もしかしたら、本名もりゅうじだけど、芸名を付けるときに字を変えたとかそういうパターンかもしれませんね。

 

さて、佐藤流司さんは、実は小さい頃から本人が芸能界に入りたいという願望を持っていたそうです。

そして、両親も自分のやりたいことをやれ、と後押しするタイプの人だったらしく、劇団ひまわりの広告を見て自ら履歴書を送った佐藤さん。そこから事務所に所属し、本当に芸能界デビューすることに。

 

俳優デビューとなったのは2011年の「仮面ライダーフォーゼ」(佐竹輝彦役)。

仮面ライダーの俳優陣といえば、イケメン揃い、というかイケメンじゃないとなれない枠でしょうから、やっぱりデビュー当初からそのビジュアルは目立っていたんでしょうね。

ちなみに、出身地の宮城(仙台?)では、ヴィジュアル系バンドをしていたこともあるのだとか。ヴォーカルをしていたとのこと。いかにも似合いそうですね。

 

ドラマや舞台過去の出演作品

●舞台

・ミュージカル忍たま乱太郎
・ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン
・NARUTO
・刀剣乱舞
・學蘭歌劇 帝一の國

●テレビドラマ

・仮面ライダーフォーゼ
・ファイブ(2017年)

●映画

・仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!
・Please Please Please(2017年)

劇団ひまわりの所属だけあって、これまでの作品を見ると、舞台を中心に出演してきたみたいですね。

ただ、2017年7月から放送が開始されるフジのテレビドラマ「ファイブ」では、初めてテレビドラマの主演を務めることに。

まだまだ一般的には知らない人も多そうなので、テレビドラマでの初主演をきっかけに、今後さらに注目度が高まっていく俳優となるかもしれません。

 


スポンサーリンク
?

 

彼女がバレてネットで炎上?

そんな佐藤流司さんですが、過去には、ネットで彼女がバレた?(いわゆるカノバレ)という噂が上がっていたことがあります。

ただ、よくよく中身を見てみると、単なるネットの噂というか憶測のレベルという感じですね。

 

あるアイドル?(すでに引退している模様)のTwitterの内容を見たファンが、佐藤流司さんのその日の行動とかぶっている内容が多いということや、その後にも佐藤さんが出演している舞台を見に行ってきたというツイートがあったりというところから、もしかして…佐藤流司さんの彼女なのか…?という予想になった模様。

ただ、信憑性はだいぶ低そう。

 

それ以外では、特に彼女がいるとか熱愛の噂も上がっていないし、舞台やドラマでいまはかなり忙しそうなので本当にいないのか、もしくは上手く隠している?(笑)のかもしれませんね。

 

佐藤流司の演技の評価は?

そんな佐藤流司さんの、肝心の演技についてですが、これまで舞台を中心に出演してきていますが、評判はどうなのでしょうか。

 

見てみたところ、これまで人気のマンガやアニメをもとにした舞台に多く出演しているだけあって、原作ファンからは批判の声もわりとあるようです。

ただ、まあ佐藤さん個人の演技に対する評価というよりは、作品に対する批判という感じが多いみたいですが。そこに出演している俳優陣もそのとばっちり?を受けてしまっているという感じでしょうか。

 

例えば、「テニスの王子様」では、「財前光」役を、「NARUTO」では「うちはサスケ」役を、「刀剣乱舞」では「加州清光」役をそれぞれ演じていますが、どのキャラクターもまあ佐藤さんが担当するだけあってイケメンで人気のあるキャラクターですよね。

それだけに原作ファンにとってみれば、おそらく思い入れも強いはず。
自分のイメージと違うと、ちょっと文句を言いたくなる人もいるのかもしれませんね。

 

やっぱり原作にファンが多い作品の実写化というのは、ハマればその分反応も大きいんだろうけどなかなか大変ですよね。

まあちょっと分かる気はします。自分の好きなマンガが実写化したときを考えても、大体が原作を超えることはあまりなくて、がっかりすることが多いし、わりと反感を買ってしまっていることが多いイメージです。

 

ただ、佐藤さん自体は舞台出身でこれまで多くの作品に登場しているわけですから、実力はあるんじゃないかと思います。舞台とテレビドラマはまたちょっと違うのかもしれないけど、舞台で迫力ある演技をするのってかなり難しそうですからね。

まだ少し先ですが、2017年の夏ドラマとして放送される、佐藤流司さん初主演のテレビドラマ「ファイブ」は見るのが楽しみです。

 


スポンサーリンク
?