Okawari

芸能、エンタメ、スポーツ、ITなどのニュースがいっぱい

アンソニー・ジョシュア(ボクシング)の筋肉・身体能力が凄い!体重やファイトマネーは?

f:id:fluuche:20170520194027j:plain

現WBA・IBF世界ヘビー級スーパー王者のアンソニー・ジョシュアは、身体能力の高さや圧倒的な戦績から、あのマイクタイソンをも超える史上最強のボクサーといわれることもあります。

ボクシングとはいえ、ヘビー級はかなりの重量級で身体も大きい。なのにアンソニージョシュアの場合は、スピードもある。相当身体能力が高いんだと思います。

プロフィール・経歴などについて調べてみました。

 


スポンサーリンク
?

 

プロフィール・ボクシングデビューは遅め?

本名:アンソニー・オルワフェミ・オラセニ・ジョシュア
生年月日:1989年10月15日(27歳)
国籍:イギリス
身長:198cm
リーチ:208cm

もともと、イギリスで育ったこともありサッカーをやっていたというアンソニー・ジョシュア。
ボクシングを始めたのは18歳の時で、きっかけはいとこに勧められてとのこと。

 

しかし、もともとの才能がえげつなかったのか、2010年にはアマチュアの大会であるABAナショナル・チャンピオンシップ大会で優勝。

さらに2012年にはロンドン五輪のスーパーヘビー級で金メダル獲得と、いきなり圧巻の結果を残します。

 

すると、2013年にはプロ転向。そして2014年には世界王者に。

現在も防衛中で、世界最強・史上最強のボクサーといわれることもあります。

 

とんでもないボクシングの才能の持ち主が、サッカーをやってたんですね(笑)
逆にそのままサッカーを続けていたらどうなっていたのかも気になります。身体的にはサッカーっぽくないですよね。

ただ、実はこの身体にして100メートルを11秒を切るスピード・瞬発力を持っているようなので、スピード系の競技でも十分高いレベルの選手になれていたんじゃないでしょうか。

 

ちなみにアンソニー・ジョシュアの体重は、試合のときにはだいたい111~112kgあたりで戦うことが多いようです。
(ヘビー級の体重は200ポンド (90.719kg) 以上で、上限が120kgまで?の模様)

身長198cm・体重110kgって、そんな人を間近で見たらビビッて動けなくなりそう(笑)

 

強靭な身体と筋肉は超ハードなトレーニングで作られてる

ヘビー級のボクサーは、太ってるとまではいわないものの、わりとお腹の肉がゆるい選手もいたりするもの。
ただ、アンソニー・ジョシュアの体はかなり絞られていて本当にムキムキ。見るからにすごい筋肉です。

それは、やっぱりハードなトレーニングによって作られているようです。

下の動画は、アンソニー・ジョシュアのトレーニングの様子を撮影したもの↓

www.youtube.com

なかなか常人には想像もできないほどハードなトレーニングをしてますよね。まあプロボクサーってみんなハードなトレーニングをしているものだとは思うけど。

それにひとつひとつのトレーニングの動きがやっぱりかなりスピーディ。ここまで身体の大きさを感じさせないっていうのは、相当瞬発力に優れているんだと思います。

 


スポンサーリンク
?

 

戦績と試合動画

史上最強ともいわれているアンソニー・ジョシュアですが、以下が2017年5月現在での戦績。

●アマチュアボクシング:43戦40勝3敗
●プロボクシング:19戦19勝(19KO)無敗

アマチュアでは負けも経験しているものの、プロ転向後は無敗。さらにすべてKO勝ちと本当に圧倒的な強さですね。
まあヘビー級の場合はパンチも重くてKOは多いのだと思うけど、それにしてもすべてというのは凄い。

下の動画は、アンソニー・ジョシュアのKOシーンをまとめたものです↓

www.youtube.com

見ていると、まったく身体の大きさを感じさせないスピード感ですよね。

特にパンチスピードがめちゃくちゃ速いと思う。それでジャブが当たったとしても、ヘビー級のジャブって一撃一撃がもうKOレベルでしょうからね。

このレベルなので相手ももちろん凄いんだろうけど、アンソニー・ジョシュアは素人目にもちょっと実力が抜けてる感じがします。

 

ファイトマネーは1試合でいくら?

海外ではかなり高額になるボクシングのファイトマネーですが、アンソニー・ジョシュアの場合はどれくらいの金額なんでしょうか。

例えば、2017年4月に行われたジョシュア対クリチコの世界ヘビー級タイトルマッチ。(結果は、ジョシュアが11回TKO勝ち)

この試合では、両者のファイトマネーは最低保障で1500万ポンド、日本円で約22億円といわれていました。以前かなり話題になったパッキャオとメイウェザーの約300億円という数字に比べると低いものの、それでもとんでもない金額ですよね。

 

まあこの試合の場合は、相手のクリチコもほぼ無敗に近い最強王者といわれていた選手だったので、注目度がかなり高かったというのもあると思いますが。

ただ、アンソニー・ジョシュアの試合では、数億円のファイトマネーというのが通常のようです。

以上、依然プロで無敗の最強ヘビー級王者・アンソニー・ジョシュアについてでした。

 


スポンサーリンク
?