Okawari

芸能、エンタメ、スポーツ、ITなどのニュースがいっぱい

スポーツを仕事に!体育会系の正社員転職にはどんな職種がある?おすすめ就活サービス

f:id:fluuche:20170524143700j:plain

学生時代は体育会系出身で、スポーツには本気で打ち込んできた。
でも、会社に入って仕事を始めると、スポーツをしていた頃のように毎日本気で取り組めているか疑問。自分が本当にやりたいことはこれなのか。

そんなふうに考えている人は多いかもしれません。

 

そんなときまず考えるのはやっぱり転職という選択肢だと思います。

ただ、体育会系出身でスポーツに関連した仕事をしたいという場合、他の仕事と同じように通常の探し方をしていても、なかなか良い仕事と会社が簡単に見つかるものではありません。

そこでおすすめなのは、体育会系・スポーツに特化した仕事を扱う転職サービスを利用することです。
そんなのあるの?と思うかもしれませんが、あります。

「スポナビキャリア」という転職支援サービスは体育会系出身者に限定して、転職サポートを行うエージェント。

現在転職サービスはたくさんあっても、スポーツに特化というのはまだ珍しいサービスです。

体育会出身者の為の転職エージェント【スポナビキャリア】

このサービスについて紹介していきます。

 

スポーツを生かせる仕事って意外と少ない

実際大手の求人サイトなどをチェックして見ると分かりますが、「スポーツを仕事にしたい」といっても、そうそう選択肢が多くあるわけではありません。

例えばジムでインストラクターとして働く場合などであれば、アルバイト募集をしているジムに応募すれば良いので分かりやすいですが、正社員として転職を考える場合、意外とどうやって見つければいいのか迷ってしまうと思います。

また、そもそもどんな仕事があるのか、自分がどんな仕事に向いているのかがピンとこないという場合もあると思います。

やはりそこでおすすめなのは、体育会系の転職に精通した専門家にサポートしてもらうことです。

 

体育会系に特化した転職サービス「スポナビキャリア」

この「スポナビキャリア」は、WEBから会員登録すれば、すぐに完全無料で利用することができます。

ちなみに、念のために説明を入れておくと、転職エージェントは顧客(応募先企業)に、応募者の就業が決まった時点でマージン(仲介料)をもらうビジネスモデルのため、応募者側に費用がかかったりすることは一切ありません。
全てのサポートを無料で受けることが可能です。

 

利用するメリット①書類作成から面接対策まで

このスポナビキャリアに登録してまず面談すると、自己分析はもちろん、応募のための書類作成、業界・企業研究、年収交渉などをサポートしてもらえます。

履歴書・職務経歴書の作り方や面接対策までアドバイスしてもらえるので、転職活動における間違いが少なくなります。

 

利用するメリット②求人情報が豊富

体育会系・スポーツに特化した転職サービスというだけあって、通常は見ることができない非公開求人も含めて、豊富な求人情報が用意されています。

もちろん担当のコンサルタントは応募先企業のこともよく理解しているため、内定率が高く、また入社後のギャップが少ないというメリットもあります。

 

利用するメリット③体育会系による体育会系のためのサポート

面談などサポートしてくれるスポナビキャリアのコンサルタントは、全員が体育会系出身。

応募者が体育会系出身なのだから、スタッフもそうでないと気持ちを本当に理解することができないと、スポーツ経験者のみに限定しているそうです。

そのため、深い内容まで相談することができます。

体育会出身者の為の転職エージェント【スポナビキャリア】

例えばどんな職種がある?転職先は上場企業も多数

スポナビキャリアで紹介されている職種を一部見て行くと、

  • スポーツインストラクター
  • スポーツメーカーでの営業
  • トレーニング機器メンテナンス
  • プログラマー

などなど幅広い求人があるようです。

中には、スポーツ関連の企業ではあるものの、職種自体はプログラマーなど少し毛色の違う仕事も扱われていますね。

同じプログラマーの仕事をするにしても、スポーツジャンルの開発に関わりたい、という気持ちがある人にもぴったり合う仕事を見つけることができます。

企業名を見ても、大和ハウスグループやCurvesなど有名企業も多数。

通常は表になかなか出てこないスポーツ関連の求人ですが、非公開求人も取り扱っていることで選択肢が広がります。

 

利用して転職を成功させた人の感想

以下は、スポナビキャリアを利用して転職を成功させた人の声です。

  • 「自分が覚悟を決めてできることは、今まで自分を育ててくれたスポーツに貢献できる仕事だと気づきました。」(元硬式野球部)
  • 「以前の仕事では、スポーツに取り組んでいたときのように本気で取り組んでいない自分がいました。スポナビキャリアで仕事だけでなく私自身の価値観も変わりました。」(元ラグビー部)
  • 「キャリアコンサルタントの方と面談をし、自分のこと以上に私の将来について真剣な話をしていただきました。」(元弓道部)
  • 「自分自身に目標とやりがいを持ちスポーツに関わる仕事に就くことができました。毎日が充実しています。本当にスポーツをやってきて良かったと実感しました。」
  • 「新たなことにチャレンジしたいという自分の中にあった気持ちを確認出来ました」(元アメフト経験者)
  • 「将来結婚して子育てもしながら頑張れる仕事に就きたいと考え転職を希望しました。社会人になってから自らが体育会であった強みに気づけました」(元野球部マネージャー)

やはり、スポーツに打ち込んできた人は、仕事にも同じくらいの本気度で打ち込みたいという気持ちが強く、それを実現するには、会社と仕事選びが重要ということですね。

いま同じように感じている人は、まずはコンサルタントに相談するところから始めてみてはどうでしょうか。

体育会出身者の為の転職エージェント【スポナビキャリア】