Okawari

芸能、エンタメ、スポーツ、ITなどのニュースがいっぱい

真田ナオキ(演歌歌手)は結婚してる?筋肉が凄いけどスポーツ経験は?

f:id:fluuche:20170520162254j:plain

まだデビューして短いものの、イケメン演歌歌手として人気出てきている真田ナオキさん。

吉幾三さんが作詞・作曲していることからも、将来を期待されている歌手であることが分かりますね。
力強いハスキーボイスに、これまで演歌を聞かなかったという人もファンになっているようです。

 

また、真田さんは演歌歌手という肩書からするとちょっと意外ですが、スポーツ経験も豊富で運動神経に優れた人でもあります。

そんな真田ナオキさんのプロフィール・経歴やスポーツ歴などについて調べてみました。

 


スポンサーリンク
?

 

プロフィール・デビューのきっかけは?父親も演歌歌手

名前:真田ナオキ
本名:松谷大介
生年月日:1989年12月22日
出身:埼玉県さいたま市
身長:177cm
趣味:野球、競馬観戦
特技:空手初段、野球
所属:夢グループ

真田ナオキさんは、昔から演歌歌手を目指してきたというわけではなく、高校を卒業した後、いちど建築業界に就職されていたそうです。

ただ、当時から父親から歌手になることを薦められていたのだとか。

親が歌手になることをすすめるってなかなか珍しいパターンですよね。普通はそんな可能性の低い夢じゃなくて堅い職業についてくれ、と言われるパターンが多い気がしますが。

 

ただ、真田さんの父親を調べてみて納得だったのですが、実は真田さんの父親も桂竜士という名前で活動する演歌歌手。だから、自分の息子にも歌手になってほしいという願いがあったんでしょうね。

あと、プロの歌手から見ても、真田さんはやっぱり当時から歌の才能があったのかもしれません。いくら息子とはいえ、実力がないのに薦めたりはしないでしょうから。

 

ただ、親と同じ職業が嫌だったのか、真田さんは最初は歌手になる気はなかったとのこと。

しかしその後、東日本大震災が起こったときに、多くの歌手が被災者を歌で元気付けているのを見て歌のすばらしさに気づき、そこから歌の勉強を始め現在の事務所に入ったそう。

そして、真田ナオキさんが吉幾三さんの前で歌ったときに、吉幾三さんは真田さんの才能を高く評価しデビュー曲「れい子」を提供してくれた、という経緯があったそうですね。

*真田ナオキのデビュー曲「れい子」

www.youtube.com

 


スポンサーリンク
?

 

真田ナオキは結婚してる?

イケメン演歌歌手ということで、気になるのが恋愛面やすでに結婚しているのか?ということ。

ただ、女性のみなさんには朗報(笑)
真田さんは現在まだ結婚はされていないようです。まあまだ20代と若いですしね。

 

また彼女の噂なども特にないようですし、まだデビューしてそれほど長くないということもあって、いまは演歌歌手としての活動に集中されているのかもしれませんね。

ただ、やっぱりこの人はモテるでしょう。

近いうちにスキャンダルなどで芸能ニュースに出てこないことを願いたいものです。最近そっち系の問題でテレビから見なくなる人も多いですし…。

 

筋肉が凄い!運動経験は?

そんな真田ナオキさんは、イケメンで爽やかな顔立ちのわりに、筋肉がすごくて体格が良いことが分かります。そこで気になるのは過去の運動経験。

調べてみると実は、小学校時代は野球をやっていて、それも少年野球の日本選抜に選ばれ、世界大会に出場していたほどの実力。このとき同じ日本選抜のチームには、いまメジャーで活躍する田中将大選手やジャイアンツの坂本勇人選手もいたとのこと。

すごいメンバーの中でプレーしていたんですね。

ただ、中学時代に肘に大きな怪我を負ってしまい、野球を続けることができなくなってしまったそうです。

 

その後、競走馬の騎手を目指したそうですが、それも身長制限に引っかかってしまい断念せざるをえなかったとのこと。

またそれ以外にも、空手・ボクシング・水泳・ゴルフなどなど、多くのスポーツ経験があるようです。

空手も国際空手道連盟極真会館の初段を持っているらしいので、おそらく何をやらせても高いレベルでこなせる、高い運動神経の持ち主なんじゃないでしょうか。

挫折を経験してもすぐ別の道に進んでいくのも、すごい行動力ですよね。

 

偏見かもしれないけど、演歌歌手で運動神経抜群というのはちょっとギャップがある気がします。でも立派な筋肉も含めて、そこのギャップもファンにとっては、惹きつけられる魅力のひとつなのかもしれませんね。

演歌歌手だけど、「スポーツ男子」などバラエティ番組の企画への出演も決まっているようですし、そこでも注目されそうですね。

 

昔から演歌歌手になりたくてなったというスムーズな道ではなくて、またスポーツでは怪我などで挫折も経験している真田さん。

演歌ってある意味人生の悲しさとかも含めていろんな感情を歌うような曲が多いでしょうから、そんないろいろな経験をしている真田さんにはぴったりだったのかも?

今後も、スポーツと演歌というある意味真逆?な分野で活躍する真田ナオキさんに注目です。

 


スポンサーリンク
?