Okawari

芸能、エンタメ、スポーツ、ITなどのニュースがいっぱい

SHOWROOM社長・前田裕二がイケメンで経歴もすごい!気になる年収は…

f:id:fluuche:20170520222423j:plain

最近だいぶ人気が上がってきているウェブサービスのひとつ「SHOWROOM(ショールーム)」の社長・前田裕二さんがテレビ番組などに出ているのを見て、え、若くてイケメン、と思ったので、プロフィールや経歴などを調べてみました。

 

まず、そもそも「SHOWROOM(ショールーム)」とは何かというと、
動画ストリーミングサービスで、芸能人・タレントのLive配信もあるのですが、特徴的なのは一般ユーザーが、アイドルやタレントのようにライブ配信を行って視聴者とコミュニケーションを楽しめる、いわゆるニコ生的な雰囲気のサイトです。

配信者はお金を稼ぐこともでき、ユーチューバ―じゃないですが、始める人も多くいて中にはかなり人気の配信者も出てきているみたいですね。

 

そんなサービス「SHOWROOM(ショールーム)」を立ち上げたのが、現・社長の前田裕二さんです。
このヒットサービスを作った人だけあって、その経歴もなかなか凄いものがあります。

 


スポンサーリンク
?

 

前田裕二社長のプロフィールや経歴

1987年生まれ、東京都出身

・2010年早稲田大学政治経済学部を卒業後、UBS証券会社入社
・2011年UBS Securities LLCに移りニューヨーク勤務
・退社の後、2013年に株式会社DeNA(ディー・エヌ・エー)入社
・ライブストリーミングサービス「SHOWROOM(ショールーム)」を立ち上げ
・2015年にSHOWROOM株式会社を設立

前田裕二さんはもともと、新卒の就職活動のときにいちどDeNA(ディー・エヌ・エー)を受けて、内定をもらっていたそうです。

ただ、そのときには他に内定を得た外資系金融の会社に就職。そこでは入社2年目にしてニューヨークに赴任してバリバリ働いていたとのこと(英語もぺらぺらだそうです。まあアメリカで仕事できるということは当然かもですが)

 

ただ、しばらくして起業を考えるようになった頃、以前にディー・エヌ・エーの最終面接で会っていた創業者の南場智子さんと話す機会があり、そこで起業を考えているならまずはうちの会社でノウハウを学んでからにしたらどうかと熱心に誘われ、入社を決意したそう。

 

南場さんは、新卒採用の面接で会っただけの前田さんと、その後もちょくちょく連絡を取り合って、最終的には数年後に自社に誘ったのだから、初対面のときに相当何か引っかかるものがあったんでしょうね。

そのあたりは、経営者の鋭いカンもあったりするのかも?

 


スポンサーリンク
?

 

気になる年収は?稼ぐ理由は両親をなくした影響?

いま人気のウェブサービスを運営している会社の社長。というと、下世話な話、気になるのが年収ですが、前田裕二さんはどれくらい稼いでいるのでしょうか。

もちろん正確には分かるものではないのですが、予想ではまだそこまで驚くような金額ではないんじゃないかと思います。

「SHOWROOM(ショールーム)」自体、まだまだ発展途上のサービスだと思うし、いまは個人の年収よりもサービスの発展の方に力を入れているんじゃないかと。

 

むしろ現在よりも、もしかしたら外資系金融で働いていたときのほうが稼いでいた可能性もありますね。

金融でそれも外資系っていうと、まあ会社や職種にもよるのかもしれないけど、ものすごい額のお金を年齢の若さに関わらず稼ぐって聞きますし。
日本からすぐにアメリカに渡り仕事をしていたようなので、かなり優秀だったのでしょう。

おそらく、一般的な20代のサラリーマンでは考えられないような額の年収を稼いでいたんじゃないかと思います。数千万円とか?

 

もともと、前田裕二さんがそこまでエリートといえるような道に進んだのは、幼い時に両親をなくしていた経験が影響しているようです。

小さい頃から親戚の家で暮らすようになり、そこで自分の力で稼いでいかないといけない、ということを小学生にして強く感じたとのこと。

 

ちょっとビジュアル系っぽい?ソフトな感じのイケメンだけど、中身はそんな強い意志を持っている人なんですね。

「SHOWROOM(ショールーム)」は、前田裕二社長のもと、おそらく今後まだまだ人気のサービスになっていくんじゃないでしょうか。

 


スポンサーリンク
?