Okawari

芸能、エンタメ、スポーツ、ITなどのニュースがいっぱい

ドラマ【地味にスゴイ!校閲ガール】原作小説を結末までネタバレ!キャストや最終回についても

f:id:fluuche:20160916191833j:plain

2016年10月5日(水)22:00からスタートする、石原さとみ主演の秋ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」

原作の「校閲ガール」は以前に呼んでいた小説だったので、実写化でどんな感じになるのか気になっているドラマです。

このドラマのキャスト情報や、原作小説のあらすじネタバレなどをまとめていきます。

*原作小説はこちら↓

校閲ガール (角川文庫)

校閲ガール (角川文庫)

 

 

ドラマ基本情報

タイトル:地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子

放送期間:2016年10月5日~

放送時間:毎週水曜日22:00~23:00(初回10分拡大)

放送局:日本テレビ

原作:宮木あや子「校閲ガール」(刊・KADOKAWA)

脚本:中谷まゆみ(ドラマ「WATER BOYS」「ディア・シスター」他)

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子|日本テレビ

 

ドラマのタイトルに入っている「校閲」とは、聞き馴染みのない人も多いかもしれませんが、「こうえつ」と読みます。

これは、主に出版社などで、作成途中の原稿の表記に誤りがないかをチェックする作業のこと。
誤字や脱字がないか、意味的に矛盾がないかなど、原稿とにらめっこしながらひとつずつチェックしていく仕事です。

つまりタイトルにもある通り、パッと見はすごく地味な作業でもあります。

ある出版社で、そんな校閲の仕事を専門に行っているのが石原さとみさん演じる主人公の河野悦子

ファッション大好き、という主人公なので、石原さとみさんの衣装も気になるところです。

 


スポンサーリンク
?

 

キャスト・登場人物紹介

以下、このドラマの主要人物の役名とキャストに、小説での人物像なども簡単に紹介します↓

*登場人物相関図

f:id:fluuche:20160916190916j:plain

役名:河野悦子(28)/キャスト:石原さとみ

主人公。学生時代からファッション誌を読むのが大好きで、もちろんファッションも大好き。

ファッションを仕事にしたいと、女性向けファッション誌を発行している出版社に何とか入社するも、配属されたのはファッション編集部ではなく文芸誌の校閲部だった。
「こうのえつこ」という名前から、校閲(こうえつ)部に配属されたんだと思っている。

それでも、いつか希望のファッション誌編集部へ異動できるように、現在の校閲の仕事も一生懸命にやっている。

早く編集部へいくため、校閲部で気に入られることないようにと、口が悪く生意気な女を演じていたが、長く演じているせいで、だんだん本当に口が悪く生意気になってきた。

役名:米岡光男(36)/キャスト:和田正人

悦子と同じく文芸誌の校閲を担当。悦子とは違い、文芸が好きで校閲の仕事にも楽しみを感じている。

男性ではあるものの、女が好きなのか男が好きなのか分からないグレーゾーン。
悦子の隣のデスクに座っていて、年上ではあるものの悦子は仲が良くてタメ口で気を遣わずに接している。

役名:貝塚八郎(36)/キャスト:青木崇高

口の悪い編集者。悦子のことを「おい、ゆとり!」と呼び、雑な仕事を振ってくる。
悦子も、貝塚に対してはタメ口でぞんざいな扱いをしている。

ただ、エピソードの中では悦子が貝塚のピンチを救うことに。

役名:茸原渚音(51)/キャスト:岸谷五朗

悦子を採用してくれた、校閲部の部長。

しかし、悦子はこの部長のことをこっそり「エリンギ」と呼んでおり、基本タメ口。
問題を起こす悦子にも優しく接してくれる、穏やかな人柄。

役名:藤岩りおん(35)/キャスト:江口のりこ

小説では悦子と同期の編集者だったものの、ドラマでは校閲部員となってますね。

キャラクターが小説と同じであれば、服装には全く気を使わないダサい女で、悦子は「考えられない」と見下している。

一方の真面目で文芸が好きな藤岩も、ファッションに気を使いまくっている悦子を見下している。

役名:森尾登代子(26)/キャスト:本田翼

小説では悦子の同期入社となっていたけど、ドラマでは高校の後輩となっていますね。
悦子憧れのファッション誌編集部で働く編集者。

しかし、実際は激務でしょっちゅう徹夜もしている。仲の良い悦子に泣きついてくることも。

役名:折原幸人/是永是之(23)/キャスト:菅田将暉

モデル兼、是永是之という名義で覆面作家をしている。

悦子が原稿の校閲を担当していたが、小説の内容は意味が分からない不思議な内容。覆面作家のため顔も分からず、どんな人が書いているんだろうと思っていたところ、偶然本人と出くわす。

するとそのイケメンぶりに悦子は一目ぼれ。何とか接点を持とうとする。

小説では、アフロヘアーのイケメンという設定だったのですが、ドラマの公式サイトの写真を見る限り、オールバック?という感じですね。

菅田さんはわりと髪型をよく変えている印象なので、実際ドラマが始まると変えてくるかもしれません。まあただ、アフロにするのはなかなか難しいと思いますが。

役名:本郷大作(65)/キャスト:鹿賀丈史

悦子が原稿の校閲を担当する、エロミステリー作品を書く大御所作家。
妻との関係に問題があり、それによって編集部・校閲部でちょっとしたトラブルが起こる。
本来作家と直接かかわることはない悦子も、なぜか思いっきり巻き込まれることに。

役名:尾田大将(48)/キャスト:田口浩正

悦子が住ませてもらっている一軒家の下にあるおでん屋の大将。
小説ではたい焼き屋となっていて、大将というのは実際には出てこない人物。小説では、同じ商店街にある不動産屋に勤めている加奈子という女の子が悦子の仲良しでよく出てきていました。

 


スポンサーリンク
?

 

原作小説のあらすじをネタバレ!結末は?

この物語は、悦子の所属する校閲部やその近くにいる編集部、そして作家たちとのエピソードが中心。

小説では大きく5つの話があったけど、ドラマではオリジナルのエピソードを加えるなどして、1話完結になるかもしれません。

物語は、特に劇的な終わり方があるというような内容ではないものの、以下、少し長くなったけど、小説の結末までのストーリーをざっと紹介していきます。

 

※以下、ネタバレです。ドラマで初めて内容を知りたいという人はご注意ください。

 

●第1話:大御所作家・本郷と妻の関係

エロミスの大御所作家である本郷大作の原稿を校閲している河野悦子。

すると、物語の中の主人公の電車の移動時間がおかしいことに気が付く。時刻表で調べると5時間で行けるところを7時間と書かれていたり、どの場所に行くにも実際より2~3時間程度多くかかっている。

勘の良い悦子は、貝塚から聞いた、本郷の奥さんがとても嫉妬深い人だという話などから、本郷先生には愛人がいると予想。

悦子は、飲み会でいちど会って気に入られていた本郷に直接問い詰める。
「奥さんと和解してください。先生の夫婦仲はどうでもいいけど、私は校閲者として正しい時刻を表記したいんです」

本郷の奥さんはどこに行くにも一緒に付いてくる人だった。そんな中、本郷が1人自由な時間を持てるのは取材旅行に行くときぐらい。そこで、本郷は移動時間をわざと長く妻に伝えて空き時間を作った。そしてその余分に空いた時間に愛人に会いに行っていたのだ。

本郷の奥さんは、本郷の著作にはすべて目を通すため、実際の移動時間と違うことがばれないようにするためだった。

しかし、「妻との時間を守りたい」と時刻の修正を断る本郷。
悦子は「もう今度からは先生の仕事は断ります」と言って帰った。

しかし、いざ掲載された原稿を見ると、悦子が指摘していた時刻の箇所はすべて直っていた。
「奥さんにばれたらどうすんのかな…」と気にする悦子。

すると本郷から悦子宛に電話がかかってきた。
本郷「妻への詫びのプレゼントを選んでくれないか」
悦子「嫌です。お詫びなら自分で選ばなきゃ。でも、どうしても困ったらブランドの相談ぐらいには乗りますよ」
本郷「実は、本当は愛人なんてもういないんだ…。少しの時間だけでも1人になりたかっただけで」
悦子「私は時刻が直っていればどうでもいいです。…また次の原稿もお待ちしてますから」
本郷「…わかった」

そうして電話を切り、悦子は届いたばかりの本郷の新刊をデスクのキャビネットの中に入れた。そこには、これまで校閲を担当してきた本が積み重なっていた。

 

●第2話:藤岩をオシャレに変身させる

悦子は、新しい原稿の校閲に苦労していた。作家・是永是之の小説は、何度読んでも意味が分からないような不思議なものだった。

一方、隣のデスクの米岡は、自分が大好きな作家・四条真理恵の原稿を担当しており、感動で泣きながら校閲をしている。

そこに、悦子の同期で文芸編集担当の藤岩(ドラマでは校閲部所属で悦子よりだいぶ年上の設定になる模様)がやってきて、米岡と一緒に四条の良さについて語り合う。藤岩も昔から四条真理恵の大ファンで、そのために編集者になったようなものだった。

藤岩は東大出身で、ファッションに全く気を使わない、悦子とは正反対といってもいい女性だった。

そんな中、四条真理恵の著作が、ある大きな文学賞の候補にノミネートされた。
担当編集として、受賞発表を待つパーティーへ行くことになる藤岩。しかし服装がダサすぎて、それは先生に対して失礼だと悦子や米岡ら周りから言われる。

そして悦子が、同期でファッション誌の編集者をしている森尾のところへ藤岩を連れて行き、撮影用に置かれていた衣装を借りる。そしてトイレで化粧もし直して、見違えるような綺麗な見た目に仕上げた。
「こんな世界があるんですね。勉強しかしてこなかったから…」と感動する藤岩。

藤岩を送り出した悦子は、会社のカフェでコーヒーを買おうとした。すると、目の前にアフロヘアーの男性が。顔を見ると、悦子のタイプにどストライクのイケメンだった。服装も悦子好みだった。

その男性は、仕事で来ていたようだった。仲の良い受付嬢に名前を問い合わせると、なんと悦子が校閲を担当していた、意味不明な物語を書く作家・是永是之だった。

一方、受賞パーティーに行った藤岡からは、四条真理恵の作品が見事受賞したという連絡があった。喜びではしゃぎまくる米岡。
悦子は、「良かったね。私も、どうしても会いたい好きな作家ができたの」と米岡に言った。

 

●第3話:イケメン作家・折原幸人(是永是之)にひと目ぼれ

その1週間ほど後、悦子はまた偶然に会社のカフェで是永是之を見つけた。彼の隣の席が空いているのを見つけると、急いで座る悦子。

すると、是永是之は悦子の社員証を見て「お世話になってます」と会釈をしてきた。
悦子が校閲を担当したのだと言うと、「助かりました、自分見落としが多くて…」と笑顔で感謝をする是永是之。

そして、「良かったらこれ来てください」と東京ボーイズコレクションのチケットを悦子に渡した。
是永是之は、もともとはモデルをやっていた。そのため覆面作家だったのだ。

その後、悦子は仕事も手に付かず、是永是之について調べまくった。すると幸人という名前でモデル活動をしていることが分かった。

その週末、悦子はオシャレをして幸人(是永是之)が出演するイベントへ向かった。すると途中で米岡に出会った。米岡もファッションが好きでやってきていたのだった。そして結局2人で一緒に並んで観ることになった。

すると米岡も是永是之の作家とは思えないイケメンぶりに興奮し、会いたいと言い出した。

そしてイベントが終わった後、知り合いだからと無理やり舞台裏に通してもらい、2人は幸人(是永是之)に会いに行った。

「本当に来てくれたんですか!」と喜ぶ幸人(是永是之)。そして2人は改めて名刺交換をして、さらに「今度ごはんでも行きましょう」と約束をして別れたのだった。

その翌日は、前日の興奮で仕事がなかなか手に付かない悦子だった。

すると、部長の茸原(エリンギ)から、「頼んでたあれ終わった?」と聞かれる。
先日仕事を頼まれていた悦子だったが、是永是之のことで頭がいっぱいですっかり忘れてしまっていたのだった。

米岡にも手伝ってもらい大慌てで、何とか時間ぎりぎりに仕上げた悦子。
珍しく「申し訳ありませんでした。ありがとうございました」と米岡に頭を下げた。

しかし、仕事を忘れていた件が人事にばれてしまったこと、また、作家と揉めてしまったことなどにより、悦子は異動させられてしまうことになった。

 

●第4話:本郷大作が行方不明に

ミスによる異動で雑誌校閲に異動した悦子。しかし、担当するのはまたその中にある連載小説やコラムの部分だった。

そんな中、あの大御所作家・本郷大作と連絡が取れなくなったと編集部が慌ただしくなっていた。

「お前なら電話に出るかもしれない」と担当の編集者・貝塚から無理やり連絡させられる悦子。すると電話には出なかったが、その夜、折り返しで本郷から悦子に連絡が来た。

すると、本郷は奥さんが「あなたの浮気相手たちに会ってきます」という書置きを残していなくなったため探しているのだという。

一緒に探してくれと頼まれる悦子。断ろうとしたが、ファッション誌編集部に知り合いがいるから異動の件で口を利いてやってもいいと言われると協力することにした。

しかしなかなか手掛かりはつかめなかった。

そんな中、再び幸人(是永是之)と社内で出会った悦子。
「明日からオーディションでフランスに行くんですけど、お土産何がいいですか?」という幸人(是永是之)。

そして、この間約束していた、一緒に食事に行く日を決めた。それは2月14日、バレンタインデーの日だった。


●第5話:折原幸人(是永是之)とのデートの結果は

編集部が作家の本郷大作と連絡がとれなくなって2週間が経った。悦子は本郷から止められていたため、編集部には本郷と連絡をとったことを黙っていた。

本郷から頼まれたため、少しずつ調べていた悦子は、本郷の著作には毎回多くの食べ物が出てくることに気が付く。そして、その中で唯一まったく出てこなかった食材が、ウナギだった。

打ち合わせにも毎回同席する本郷の妻は、作品の中に登場する料理も、本郷と一緒に食べていた。しかし、もし本郷がウナギが嫌いでこれまで全く食べたことがないとしたら、奥さんは1人でウナギを食べに行ったんじゃないかと考える悦子。

よく見れば、奥さんの書置きにあった「もう我慢の限界です」の「慢」の字が「鰻」(うなぎ)になっていた。これは奥さんからのヒントだったんじゃないか。

さらに、そういえば本郷の家を調べにいったとき、奥さんが読んでいた雑誌の中に、九州の鰻料理について書かれた記事があったことを思い出す。雑誌大好きの悦子はそういう記憶力が抜群だった。

そして悦子の読み通り、本郷の妻は九州にいた。そして、悦子よりも先に気が付いた本郷も一緒にいた。
妻はもう本郷に愛人がいないことは知っていて、単純に食の興味から出て行っていたのだった。
悦子と貝塚は、新幹線で帰ってきた本郷と妻を迎えに行き、本郷の行方不明事件は無事解決した。

 

一方、その日は、幸人(是永是之)との約束の日であるバレンタインデーでもあった。
待ち合わせは19時に銀座。悦子は定時で帰れるように午後の仕事を集中して終わらせた。
そして定時になると同時に席を立った――。

 

そして、数日後。

悦子の家の1階で、悦子に米岡、森尾、藤岩らが集まって鍋をしながら飲んでいた。
悦子が、幸人(是永是之)と次のデートの約束をできたお祝いだった。

悦子は、2月14日のデートのときに、仲の良い受付嬢と考えた決め台詞を幸人(是永是之)に言った。
「本当はファッション誌の編集に行きたかったけど、最近は校閲のままでもいいかなって思ってる。だって今の部署にいたら、是永さんの新作を誰よりも早く読めるかもしれないでしょ」

すると、是永もドキッとした顔をしながら、次のデートに誘ってくれたのだった。

その後、女ばかりの飲み会は夜遅くまで続き、気が付いたら翌朝で女全員、雑魚寝していた。
寝ぼけながら目を覚ました悦子が、水を飲もうと台所へ向かおうとすると、昨日の騒ぎで誰かが床板を踏み抜いてしまい空いていた穴に足がはまった。そして悦子は3週間の捻挫を負った。

 

以上が、原作小説のストーリー。

最後の結末は、本当はもっと女同士のいろんな楽しそうな会話があって、微笑ましくて良い感じのシーンだったので、ドラマの最終回もおそらくこのシーンになるんじゃないか?という気がします。

以上、ドラマでは登場人物の設定なども多少変わっているようなので、エピソードも少し変わってくるとは思います。

最近増えてきている?お仕事系ドラマで、かつ女の子が活躍する気軽に見られるストーリーなのでおすすめです! 


スポンサーリンク
?