Okawari

芸能、エンタメ、スポーツ、ITなどのニュースがいっぱい

映画「シンゴジラ」を観た感想(ネタバレあり)!面白い・面白くないは評価が別れそう

f:id:fluuche:20160729215955j:plain

2016年7月29日から上映が開始された映画「シンゴジラ」をさっそく見てきました。

個人的には、2014年のハリウッドのゴジラは見たものの、過去の日本のゴジラ作品は見たことがありませんでした。
ただ、予告編の東京の街中に立つゴジラの絵などを見て、かなり期待して行った映画でした。

その感想を紹介していきます。

※一部ネタバレも含んでいるため、まだ見ていない人はご注意ください

 

シンゴジラの良いところ・面白いところ

 

●東京を襲うゴジラの迫力

やっぱり予告編を見て期待していた通り、ゴジラが海から出現して上陸し、東京の街中に立ち移動してくる絵は、かなり迫力がありました。

ハリウッドのゴジラの映像も良かったけど、やっぱり自分たちが普段見ている日本の街中にゴジラがいる、っていうのはだいぶまた違う感覚で、よりリアルな怖さがあります。

特に、夜中の東京で光っているゴジラの絵はすごい映像だと思いました。いま思い出してももう1回見たいシーンです。

 

●ゴジラの強さ

ゴジラの攻撃は、建物にぶつかって壊すだけじゃなく、口から放射火炎?を激しく吐き出たり、また背中の真っ赤な炎?からも光線をいくつも出してヘリコプターや戦闘機を打ち落としたり、かなり迫力がありました。

また、ミサイルを打っても全然効かず、東京の中心地がゴジラの炎で一気に壊され、みんな地下に避難するしかなかったところなど、ゴジラの強さにはかなり絶望感を感じました。


スポンサーリンク
?

 

シンゴジラのいまいちなところ・面白くないところ

 

●ストーリーがちょっとややこしい

日本のトップにいる無能なリーダーや、手続きを踏まなければ動けない政治・法律の問題、そこにアメリカとの関係など、政治的な問題が出てくることが多く、社会ドラマ・人間ドラマという面も強い映画という印象でした。
偉い人たちがいっぱい集まって会議で話すシーンがかなり多いです。

個人的には期待していたのは、モンスターパニック系というか、そういうややこしい話じゃなくシンプルにゴジラとの戦いがもっと長く見たかった。

 

●セリフが聞き取れない

専門用語が多いわりに、早口でもごもごと話すキャラクターが多いため、聞き取れないセリフがかなり多かったです。

まあ流れを見ていれば大体はこんなことを言ってるんだろう、と予測はできるものの、全然聞き取れないってけっこうストレスになる人も多いんじゃないかと思います。

 

●ゴジラ第1形態

今回のゴジラは(過去のゴジラもそうなのかは分からないのですが)、どんどん進化して形態を変えていきました。

ただ、予告編などにも出ていた最終形態のデザインは良いと感じたものの、最初に海から上がってきた第1形態のゴジラのデザインはちょっとB級感が強いというか、微妙だと思いました。

 

●CGっぽさ

その第1形態のシーンも含め、わりとCG感が強いシーンが多かったように感じました。

まあ日本の昼間とか明るいシーンが多かったせいもあるかもしれません。ハリウッドのゴジラは全体的に暗かったこともあってか、そこまでCGっぽく見えなかったので。

 

●最後の倒すシーン

最終的にゴジラを倒したシーンは、何かちょっとあっさりした感じを受けました。

まあかなり綿密に計画したプランを実行するというシーンだったので、ああいう淡々とした攻撃になったのかもしれないけど。

詳細は省きますが、最終的に倒すことになる攻撃もかなり地味なものでした。


スポンサーリンク
?

まとめ

面白いか面白くないか、評価は人によって分かれそうだけど、
個人的には、ゴジラの出るシーンには満足。ただ、それ以外のストーリーは微妙
という感じでした。

あのせっかく良いゴジラのキャラクターを生かして、もっと戦うシーンを濃く長くしてほしかったですね。

結局ゴジラは街で暴れるだけで何がしたかったのかもよく分からなかったし、もうちょっとゴジラの性格というか、意志みたいなのも見えるほうが良かったかなと思います。
(例えばハリウッドのゴジラは、人間側の味方という感じでしたよね)

とはいえ、ゴジラが東京の街に立って攻撃してくる、あの映像を見るだけでも十分観る価値はあると思います。


スポンサーリンク
?