読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Okawari

芸能、エンタメ、スポーツ、ITなどのニュースがいっぱい

レスターの選手の移籍金・年棒総額!ヴァーディのコスパ良すぎ

f:id:fluuche:20160215204618j:plain

今シーズンのプレミアリーグ優勝も現実的になってきたレスターシティ。

昨シーズンはぎりぎり残留だったチームの、誰も想像もしていなかったであろう飛躍に「ミラクル・レスター」と、いろんな角度から彼らの特集がされています。

チーム得点王であり現在リーグ得点王でもあるFWヴァーディが、数年前までアマチュアチームでプレーしていたことで、特に彼にスポットがあたっていますが、ひとりひとりに注目してみると、いかにレスターの選手たちがコスパが良いかということが分かりますね。

移籍金や年棒など、ビッグクラブの選手と比べると、今シーズンのレスターシティが首位に立っていることのすごさがよりわかってきます。

okawari.hatenablog.jp

スポンサーリンク
 

レスターのスタメン選手の移籍金一覧

以下、現在主にスタメンで出ていることが多い選手たちの、レスターに加入した際の移籍金です。

GK
シュマイケル:約3.6億円

DF
シンプソン:約3.6億円
フート:約5.5億円
モーガン:約1.8億円
フックス:0円(フリー移籍)

MF
オルブライトン:0円(フリー移籍)
ドリンクウォーター:約1.8億円
エンゴロ・カンテ:約10.2億円
リヤド・マフレズ:約7,340万円

FW
岡崎慎司:約12.8億円
ヴァーディ:約1.8億円

合計で約42億円
いまのプレミアリーグの移籍金高騰ぶりを考えると、1チーム全員の移籍金としては破格な感じですね。

ユナイテッドやシティ、チェルシーにいるようなビッグネームの選手なら一人でこの倍ぐらいの移籍金がかかってたりするので、レスターはかなり先見の明があったのか、良い選手をそろえながらもお金がかかっていないという、上手いやり方ができてますよね。
特にマフレズやヴァーディは、もともと無名選手だったこともありますが安すぎです。

スポンサーリンク
 

レスターのチーム年棒総額はチェルシーの5分の1

選手の年棒で見てみると、レスターの選手ひとりひとりの年棒額は分からないのですが、チーム年棒合計額は、約77億円
現在プレミアリーグで年棒総額が最も高いのは、チェルシーで約345億円。レスターの約5倍ですね。

また、選手個人では、
プレミアリーグでいま最も年棒が高額だといわれているのは
マンチェスターユナイテッドのルーニーで、約25億円だそうです。

また、他リーグですが、
クリスティアーノロナウド(レアルマドリード)は約25億円、
メッシ(バルセロナ)は、約33億円。
まあ超ワールドクラスの選手ということもありますが、
やはり当然、レスターの年棒に比べると圧倒的に高いですね。

 

今シーズンの活躍で当然、レスターの選手たちの評価も一気に上がり、
来年の夏の移籍市場では、何人かの選手がビッグクラブから引き抜かれるかもしれません。
いくら今シーズン優勝できたとしても、やはりビッグクラブには財政面ではかなわないので、レスターはなかなか引き留めるのも難しいかもしれませんね。
ヴァーディやマフレズはもちろん、中盤のカンテも評価がかなり上がっています。

ただ、エースのヴァーディはついこの間、レスターとの契約を延長したというニュースが出ていました。
ヴァーディがレスターで続けるとなれば、他の選手たちも、レスターをもっと強いチームにしようと居続ける可能性はあるかもしれませんね。

okawari.hatenablog.jp

スポンサーリンク