読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Okawari

芸能、エンタメ、スポーツ、ITなどのニュースがいっぱい

切り取りハラスメントって?身の回りでもけっこう起こりがち

f:id:fluuche:20160131064654j:plain

 最近、テレビなどで芸能人が「切り取りハラスメント」という言葉を使っているのを目にしないでしょうか?

この新しく生まれてきた言葉についてまとめてみます。

 

 

 

切り取りハラスメントとは…

自分の発言の一部だけを切り取られたり、前後の脈絡を無しにインパクトの強い言葉だけを取り上げたり、そもそも間違った解釈をされたりすることで、自分が本当に言いたい内容とは別の意味に誤解されるような伝えられ方をすること。

ネット界でよく話題になるキングコングの西野さんも、「切り取りハラスメント」によく合うと言っていますね↓

バラエティー番組の「ひな壇に出ない」と宣言した理由について、「そこでは戦えないから白旗を上げたんです」と真相を告白。その後のバッシングについて、「ひな壇を下に見ているみたいに伝わった」といい、「切り取りハラスメントですよ」と語った。

<キンコン西野>ひな壇出ない発言の真相告白 「切り取りハラスメント」被害と (まんたんウェブ) - Yahoo!ニュース

他にも、例えば日曜朝の人気番組である「ワイドナショー」でのダウンダウン松本さんやゲストのコメントはよくネットニュースに取り上げられていますが、それも誤解を生むような書かれ方が多いと言われてますね。

特にネットニュースの場合は、タイトルや見出しの文字数が短く、かつ目立たせないといけないということから、どうしてもインパクトのある言葉や、内容を大げさに膨らませたような言葉を前に持ってくるというのが起きやすいんだと思います。

本文をよく見たら、ちゃんとその前後や本当の意味が説明されているのかもしれないですけど、いまは読む側も、たくさんのネットニュースに目を触れる中で、本文までしっかり読まずにタイトルや見出しだけで判断することが増えているのも「切り取りハラスメント」が起こる要因のひとつになってるのかもしれませんね。

 

日常生活でも「切り取りハラスメント」は起こりがち?

この「切り取りハラスメント」によって叩かれていたりする人を見ると、やっぱり有名人って大変なんだなーと思います。

ただ、こういう誤解というか、表面だけで違う意味に判断されることって、実は一般人でも身の回りでよくあることなんじゃないかと思います。

例えば、こっちは褒め言葉のつもりで言ったことを、人によっては悪く受け取ってしまうなんてこともありますよね。いまいち良い例が浮かばないですが、例えば若い女性に向けて言う「大人っぽい」とか?

それも2人の間で誤解がなく上手く解決してれば問題ないですが、相手は外には出さずに心の中で怒っていた場合は、ちょっとモヤモヤっとしてしまいますよね。

これがもし有名人同士でのテレビでの発言だったら、「○○、人気女優に老けてると暴言!」みたいなことにまでなりかねないんじゃないかと。ちょっと極端ですが。

そう考えると怖いですよね。
日本語はわりとあいまいさのある言葉と言われますが、誤解を生む可能性がありそうな言葉の場合は、もっとはっきり、意味が分かりやすいように強調して喋るよう意識するのが良いのかもしれないですね。

まあ有名人の場合は、そう気を使っていても故意に誤解を招くような伝えられ方をしてしまうことも多いんだと思いますが…。