読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Okawari

芸能、エンタメ、スポーツ、ITなどのニュースがいっぱい

なぜ? 一般配布された「東京防災」ブックが人気の理由。ついに書店で販売開始

f:id:fluuche:20160119191410p:plain


2015年の9月に東京都民を対象に、「東京防災」という、防災時のマニュアル・対策・注意点などをまとめたブックが無料配布されました。

これがなかなかのボリュームで、またイラストやキャラクターを使われたデザインが良い感じということで、一冊の本として人気に。

とうとう書店でも販売されることになったようです。

 

人気の「東京防災」ブックの内容は?

東京防災」の内容ですが、

・大震災発生時のシミュレーション(避難の流れや注意点、安全な避難チェックポイントなど)
・今すぐできる防災の備え(備蓄や室内の備え、住居の耐震化など)
・地震以外の災害の対策(大雨、土砂、落雷、竜巻、大雪など)
・災害時に役立つ知識や工夫(応急手当、消火器の使い方など)
・緊急連絡先
などが、それぞれイラストも使ってわかりやすく書かれています。
また、巻末には、かわぐちせいじさんが大地震発生時の東京を描いたミニオリジナル漫画も掲載されています。

 

合計300ページを超えるボリュームもあり、都がかなり力を入れて作ったことが分かる内容ですね。
特に、「もしもマニュアル」という項目では、もしものときのさまざまな対応マニュアルがサバイバル術のようにイラストとともに紹介されていて、単純に読み物としても面白いものになっています。

防災意識の高まりもあるのだと思いますが、やはりこの本の完成度の高さが、欲しいという声を多く集めた理由じゃないでしょうか。

 

f:id:fluuche:20160119191438j:plain

「簡易コンロの作り方」など、もしものときのサバイバル術のような内容がイラストとともに紹介されている。

 

f:id:fluuche:20160119191507j:plain

普段から身につけておきたい、災害に関する基礎的な知識も。

 

f:id:fluuche:20160119191538j:plain

近くの避難所がわかる災害MAPも付いている。写真は杉並区のマップ

 

 

 

「東京防災」ブックが書店で販売開始。どこで買える?

そんな「東京防災」を欲しいという声が多かったことから、一般書店でも販売されることになりました。

東京都民であれば無料配布されているはずなので、おそらく東京都以外に在住の人から希望があったということなんですかね。

たしかに、避難マップは東京限定だと思いますが、それ以外の内容は基本どの地域であっても生かせるものだと思います。

 

2015年11月16日から販売が開始されており、価格は140円。
普通の書籍と考えるとかなり安い金額じゃないでしょうか。

 

いまのところ下記で購入ができるようです↓

※注文販売のところもあるようなので、購入の際は事前に連絡・問い合わせをするほうがよさそうです。

 

紀伊國屋書店(新宿本店)

紀伊國屋書店(新宿南店)

紀伊國屋書店(吉祥寺東急店)

三省堂書店(都庁店)

オリオン書房(ルミネ立川店)

また、書店ではないですが、東京都庁の都民情報ルームでも購入ができるようです。

 

 

 

「東京防災」スマホアプリ版の開発を期待

かなり完成度が高く、読んだ人の評判も良い「東京防災」ですが、ただ、この本を外出時もずっとカバンに入れて持っておく人っていないと思うので、外出時に災害が発生したときは、結局は見られなくなってしまうので、これは災害が起こった時にみるべき本ではなく、いまから災害に備えて読んで理解しておくための本なんだと思います。

 

ただ、内容的には、災害が起こった時に見たいところもあるので(例えば応急処置とか)、この「東京防災」のスマホアプリでも作ってくれれば、スマホはみんな肌身離さず持っている人が多いと思うので、緊急時も見られてより良いんじゃないかと思いました。

 

ちなみに、「東京防災」には、防災時に確認したいWEBサイトやツイッターアカウントなどの情報も載っていたので、下記あたりは登録やブックマークなどしておいても良いかもしれません。

 

WEBサイト

東京都防災ホームページ

国土交通省 災害防災情報

NHK ONLINE 各地域災害情報

防災Twitterアカウント

●東京都防災
@tokyo_bousai

●国土交通省
@MLIT_JAPAN

●NHKニュース
@nhk_news