Okawari

芸能、エンタメ、スポーツ、ITなどのニュースがいっぱい

iPhoneからIIJmioで格安simフリースマホ「ALCATEL ONETOUCH IDOL 3」に変えてみた手順・感想・レビュー

f:id:fluuche:20160119182854j:plain

 

最近、simフリー端末を使って、格安simでスマホの使用料金を安く済ませる人が増えてきてますが、私も前から気になっていて、店頭に端末を見に行ってみたりいろいろ悩んでいましたが、ついに格安simスマホに買い換えました。

その流れ・手順と、実際使ってみての感想を紹介します。

iPhoneから格安simフリースマホに変えようと思ったきっかけ

これまで、iPhone3G→4S→5Sと3世代に渡ってiPhoneを使ってきたのですが、別にそこまでApple製品やiPhoneにこだわりがあったわけではなくて、当初はスマホと言えば(少なくとも私が知る限りは)iPhone一択だったのでiPhoneにしたという感じでした。

ちなみにキャリアも、最初はiPhoneを取り扱っていたのがソフトバンクのみだったのでソフトバンクでした。

 

格安simフリースマホ(っていう言い方で合ってるかあれですが)に変えようと思ったのは、まずそもそもちょっとiPhone飽きてきたな…というのがあって、Windows Phone日本で早く発売しないかな、とか他の端末への興味は持ってました。

 

あと、スマホとはいっても、最初こそタッチパネル自体が珍しくていろいろゲームやったりもしてましたけど、もうそんなにゲームとかアプリをいろいろ使ったりもしなくなってきて実はすごいシンプルな使い方してるな、っていうのもあって。

よく使うのは、ネットと音楽、LINE、Evernote、Googleマップ、乗換案内、smartnews、Amazon、2ちゃんまとめくらい。これなら別にどんなスマホでも別に困らないかな、というのがありました。

 

あといちばんはやっぱり月額費用が圧倒的に安くなることですね。
音声通話あり・データ月額5Gというプランでだいたいどこも2000円前後とかなので、通話も最近は電話よりLINEで話すほうが増えてきていたし、キャリアで使ってた頃の月額8000円とかからするとだいぶ抑えられそうだなと。
年間で6万円ぐらい浮けば国内ならけっこう良い感じの旅行とかできますよね。他に欲しい家電買ったりしてもいいし。

端末は悩んだ末に「ALCATEL ONETOUCH IDOL 3」(android)に

まずどの端末にしようかなっていうところで、実際に店頭にいっていろいろ見てみたりしたんですが(だいたい、スマホ売場の一角に、「simフリースマホ」というコーナーがあります)、正直見た目の段階で選択肢はけっこう絞られました。

 

格安スマホというだけあって見た目も、ちょっと悪く言うと安っぽく感じるものとか、たぶんデザインにそこまでお金かけていないだろうなと思うものも多くて。

あと、これは好みが分かれるところだと思いますが、だいたいの端末がサイズでかいですね。まあこれは格安スマホに限らず、いまのスマホ全般にいえる流れかもしれませんが。
個人的には、片手操作でもぎりぎりタッチパネル全面に指が届くiPhone5Sくらいが、ちょうど良いサイズ感でした。

 

あと、メモリ2GB以上、容量16GB以上(SDカード使用可)は欲しいという条件もあって、結果、最終的に候補として残ったのは以下でした↓

●zenfone2

f:id:fluuche:20160119183003j:plain

これは見た目は個人的にはそこまで好きではないけど、他に比べるとまずまずコンパクトでカラーバリエーションも豊富で、スペックも良いのでバランスが良いかなと。
どのお店に行っても人気機種として推されてました。
あんまり詳しくないですが、Laserとかselfishとか種類もいくつかありますね。

ZenFone 2 (ZE551ML) | Phone | ASUS 日本

●HUAWEI P8lite

f:id:fluuche:20160119183047j:plain

見た目はiPhoneに近くてスペックも条件を満たしていて、値段も安いので、これは最後まで迷いました。評判も良いようですね。

http://consumer.huawei.com/minisite/jp/p8lite/

●FREETEL SAMURAI 雅 MIYABI

f:id:fluuche:20160119183125p:plain

店頭で見ると意外とでかいなと思いましたが、デザインは他にあんまりないスクエアでシャープな感じで好きでした。
スペック的にも良いのですが、ただ、クチコミとかいろいろ見てると、初期不良?と思われるような内容もいくつか見られるようで、今回はやめておきました。

SAMURAI|FREETEL(フリーテル)

●ALCATEL ONETOUCH IDOL 3

f:id:fluuche:20160119183153j:plain

最後に存在を知ったのがこの端末で、結局これを購入しました。
決め手はいちばんはやっぱりデザインですかね。実機を見ても、安っぽさというのは全然なくて、サイズも5.5インチとでかいのですが、持ってみるとそれほど大きさを感じないというか、持ちやすいですね。約141gとすごい軽いのもあるかもしれません。
スペック的にも満たしていて、あんまり他にはなさそうな好きなデザインの端末ということで、これにしました。

IDOL 3 ALCATEL ONETOUCH

 

カラーはソフトゴールドで、公式サイトからだと、キャンペーンでケース+IIJmioの通話3000円分+SDカード16GBの購入特典が付くということだったので、公式サイトで購入しました。
※上記のキャンペーンは2015/10/31で終了したようですが、また別の内容でキャンペーンが行われてるようです

 

 

 

simはセットにもなっていた「IIJmio」に

上記の通り、キャンペーンでIIJmioの通話3000円分が付いていたので、simもIIJmioにしました。

もともとUQモバイルか楽天モバイルかIIJmioで考えていたのですが、UQモバイルは、速度的には圧倒的に速いようなのですが、今回私が購入した「ALCATEL ONETOUCH IDOL 3」には対応していなかったようです。

 

楽天モバイルもサイトの対応端末には載っていなくて、サイトから問い合わせもしてみたのですが返答がありませんでした。

楽天モバイルはやっぱり楽天ポイントがたまるのがメリットですよね。楽天モバイルを利用中は楽天市場での買い物のポイントが全て2倍になるようなのでそれは結構大きいなと思っていたのですが、結果的に購入特典が生かせるIIJmioになったのでまあ良かったかなと。

IIJmioも速度もあって安定性があると評判が良かったのでもともと候補にいれていました。

 

キャリア(ソフトバンク)からsimフリースマホに変更する時の手順

f:id:fluuche:20160119183258j:plain

 参考までに、変更するときの手順は以下のような感じになります↓

(契約する会社・サービスによっては若干変わるかもしれません)

 

① ソフトバンクに連絡もしくはショップに行き、「MNP予約番号」をもらう
ショップに直接行くのもめんどくさいので、電話で教えてもらうのがおすすめです。
(電話もちょっと待たされますが、無料通話ですし)
ソフトバンクのスマホからなら「*5533」でかかります。
電話のお姉さんも引き留めようとキャンペーン案内的なことをしようとしてきたのですが、もう端末を買ってしまっているので…、と伝えるとそれは仕方ないですね、という感じで、手続きはあっさり終了。iPhoneあてにMNP予約番号が送られてきました。

 

②IIJmio申込
MNP予約番号を控えた上で、simを申し込みます。
本人確認の書類をスマホで撮影してアップするなど、WEBからのみの手続きで済みました。

 

③届いたsimを端末に入れる
1週間もかからないうちにsimが届くので、新しい端末に入れて、開通手続きを行います。
IIJmioの場合は、電話で開通連絡をすれば、数時間で切り替わるので、電話の不通期間というのがほとんど発生せず変更ができました。

 

端末変更時にデータ移行系でやったこと

あまりアプリとかいっぱい使ってなかったので、iPhoneから今回のandroid端末に変更するにあたって気にしたのは、LINEと電話帳データの移行ぐらいでした。

●LINEの引継ぎ

いままで使っていたLINEの引き継ぎですが、メールアドレス登録を行っておくのと、IDをちゃんと覚えておき、新しい端末からログインすれば、アカウント情報は引き継げました。
スタンプも新しい端末で再度ダウンロードは必要ですが、引き継げます。
ただ、過去のトーク履歴などは消えました。これもやり方によっては引き継げるかもしれません。

●電話帳移行

最近はLINEでやりとりすることが増えてきたとはいえ、仕事相手の連絡先など、電話帳も重要ですよね。
今回は、iPhoneからandroidのsimフリー端末への電話帳データ移行だったのですが、下記の記事を参考に、「IS Contacts Kit Free」というアプリを使って行うと簡単にできました。

iPhoneからAndroidへデータ移行する方法 - モバレコ

 

 

 

「ALCATEL ONETOUCH IDOL 3」の使い心地・レビュー・感想

いまのところ不便はほぼ無し

初androidということでまだなかなか使い慣れないところもあるんですが、androidなかなか良いですね。
これはandroidというより端末によるところかもしれませんが、これまで使ってたそれぞれのアプリの挙動がiPhoneのときよりも何か使いやすい感じです。まあディスプレイが大きくて綺麗っていうのが大きいのかもしれないですね。

iPhone5から比べると端末のサイズはだいぶ大きくなったんですが、使いにくさっていうのもほとんど感じず、ブラウザや動画見るときとか綺麗で良いなーって思います。やっぽり端末の軽さと薄さが実際よりもあんまり大きく感じさせないのかもしれないですね。

 

ただ、ひとつこの端末でちょっと残念だったのは、マナーボタンにするボタンがないことですね。マナーモードにするときは音量ボタンを0にまで下げると、着信がバイブに変わります。
iPhoneとかだとワンタッチで変えれたので、そこはちょっと不便かなと。
ただ、本当にそこぐらいで、いまのところかなり満足です。

リバーシブル機能は意外と便利かも

この「ALCATEL ONETOUCH IDOL 3」は、端末を上下どっちから持っても、持った向きに合わせて画面の向きが上下切り替わるリバーシブルの機能があるんですが、購入前は別にそれはどっちでもいいかな、という感じだったんですが、これ意外と便利ですね。

特に、ポケットに入れててちょっとスマホ見たいなっていうとき、意外と逆向けに取り出すこともあるんですが、それを気にしなくても良いので。

 

その他、音楽というかスピーカーがかなり良いという話でしたが、個人的にはそこまで大きな違いは判りませんでした。いや、全然良い音なんですけど。

 

格安simで月額料金はどれくらいになるか

今回契約したのは、IIJmioの音声通話付きsimのデータ通信5Gまでのプラン。
基本料金が、月額2220円で、そこに通話分が加算されていきます。
音声通話も、「みおふぉんダイアル」というアプリからかければ、費用が通常の50%で、30秒10円になります。スマホ同士だとLINEでかければいいので、たぶん合計で月3000円以内で済むんじゃないかと思われます。
まだ1か月たってないので、来月の請求金額を見るのがちょっと楽しみです。

 

よく考えたらスマホそこまで使ってないわ、っていう人には格安simがおすすめ

私もそうでしたが、ゲームもネットも音声通話も別にスマホではそこまでいっぱい使ってない、という人は、格安simスマホに変更するのが、費用的にはまずお得になると思います。

契約時にわりと自分でやらないといけないことがあるにはありますが、ネット見ながらやったら誰でもできることばかりです。

今後はもっとsimフリー端末が増えてくると思うので、気に入った端末が出てきたときにでも変えてみてはどうでしょうか。